M's Note

九星気学でみる一年

2019年について

2019年は、己亥(つちのとい)・八白土星(はっぱくどせい)の年です。
立春(節分)が一年の始まりで、今年は2月4日12:14が節入りとなります。
 
【どんな年になりそう?】
さまざまなシーンで変化のある年になりそうです。
 
今年は上が下よりも強い年なので、
内部での上下関係が難しくなりそうです。
 
逆に、横のつながりは結構良好です。
家族や家庭、大事な友だちや仲間のつながりなど、
自分の居場所をぜひ大切にしてください。
 
変化が多いときは、
環境や周囲の人からの影響を受けやすいので、
心のよりどころや大切なもの、
また自分の強みなどが支えになります。
 
自分の核は何か、どんなことなら自分の核としてやっていけるのかを
見つめ直す良い時期になると思います。
 
今年は5月の改元天皇退位と新天皇の即位)や10月の消費税増税など、
さまざまな影響を広く与えるような社会的決定事項があります。
星回りからみても時代の変わり目となる節目の年といえます。
 
今の環境は合っていますか?
押さえつけられるところではなく、
評価されるところを探してみてください。
すぐにはみつからないかもしれませんが、
今年はチャンスが突然やってくる感じです。
いざ、“コレだ!!” とやってきた時に、
しっかりつかめるように意識しているだけでも全然違うと思います。
 
デマや詐欺行為もますます増えそうです。
そのために本質や本物を見抜けるように、
情報収集をしたり信頼できる人がいると安心ですね。
 
【2019年の干支と本命星】
己(つちのと)は、「陰土」で「田園・平地・農地で五穀豊穣」を意味します。
糸がかたまった様を表す象形文字で、
糸のもつれを伸ばし”紀律を正す”「紀」を表すそうです。
また「己」は「おのれ」を意味しますので、「己を正す」気持ちや
伝統・紀律を重んじることが幸運を運んでくれそうです。
 
亥は、陰水で11月、冬のはじまりです。
「閡・核(とざす)」を意味し、
植物の生命力が固い種になって内部に閉じ込もり、
今にも起爆しそうな状態を表します。
 
それらを組合せた己亥(つちのとい)は、
天干の己(つちのと)である大地の下に、
地支の亥の激しい水の流れがあるようなイメージで、
地面が水や泥で柔らかくなって、足元が不安定な状態です。
土と水は土剋水で上のもの(天干)が下のもの(地支)を剋する組合せとなります。
 
己(つちのと)は、リラックスした快適な雰囲気をもっています。
母性的で何もかも受け入れる清濁併せ持つ性質です。
それが亥と組合せた己亥(つちのとい)になることで、
良くも悪くもはっきりしない、決め手に欠けるゆるい雰囲気が
主に組織や集団の中で強くなりそうです。
また一方で、亥の非常に強い直進的なエネルギーが働くと、
思った以上の個人的成果や活躍につながりそうです。
 
八白土星の象意は「山」、方位は、「北東」です。
「北東」は「艮・丑寅(ごん・うしとら)」の方位となり、
「静止、停止」の象意を持ちます。
陰から陽に変化するときであり、
「終わりであり、始まりでもある」境目になるところです。
季節は1月から2月。
その他象意は、
「変化、継承、貯める、改革、身内(親戚・知人・同業者・家族)」です。
 
【過去のふりかえり】
前回の己亥の1959年をみてみますと、
・前年から始まった岩戸景気中。高度経済成長の時代。
今上天皇と正田美智子さんが御成婚。
・安保や労働問題、公害訴訟、デモも多かった。
伊勢湾台風により死者5,041人、被害家屋57万戸という明治以後最大の台風被害。
小澤征爾氏が世界的なブザンソン国際指揮者コンクールで初優勝。
ミス・ユニバース世界大会で児島明子さんが優勝。
 
亥年は過去に自然災害や記憶に残るような出来事がありました。
・1923年 関東大震災
・1983年 日本海中部地震、三宅島噴火、東京ディズニーランド開園、ファミコン発売
・2007年新潟県中越沖地震、猛暑、サブプライム問題からリーマンショックへ、初代iPhone発売
 
こうしてみると、不穏と不安定さ、混沌とした年になりそうですね…。
ただ横のつながりや個人の持つ突発的なパワーが炸裂している印象です。
 
【経済など】
株式相場に関する格言で、「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、
亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走り、卯跳ねる」といわれているそうです。
「亥固まる」とは、相場が小幅な値動きにとどまることを意味し、
世界経済はピークアウトから収縮に向かう可能性があるともいえそうです。
 
また、今年から3年間冬の水気グループ「亥・子・丑」に突入し、
経済を活性化する楽観主義の火の五行がなくなり、しばらく停滞、減速しそうです。
水は万物の命の源であり、「智」を意味します。
冬は冷えて固まる時期で、次の春に向けてエネルギーを溜め込んでいきます。
全体的には、“貯め込む=経済が鈍る”ですが、個々人は意識的に蓄えていきたい時期ですね。
この「智」の時間が問題を解決していく力になればいいと思ってます。
 
そんな亥年に業績が良さそうな産業は、木と土の五行に関連するものです。
木は、環境、ファッション、メディア、本、教育、植物・花で、
土は、不動産、保険、ハイテクなどです。
 
【開運ポイント】
自分のもつ強みや特徴など、
自分の判断や直感が信じられるように、
遮るものを取り除くことで次が見えてくる年となるでしょう。
いつか将来役に立つかもとか、使えるかもと思いつつ溜めているものや
使っていないものを処分してすっきしすることが良い運気にのるポイントです。
 
例えば、
・家電やメディアを新しくする(効率が良くなるものに変える)
・買い物や家事・炊事などの見直し(負担になってることを減らせないか見直す)
・使っていないクレジットカードやポイントカードの解約
・使ってないアプリやソフトの削除
・紙袋や包装紙、空箱などの処分
・ケータイや保険などの契約内容の見直し
・アドレス(大事な人を大事にする)
 
【おまけ;巳のみなさまへ】
亥年に最も大きな影響を受けそうなのは、
生まれた年・月・日・時間に「巳」を持っている人です。
(気になる人はぜひ調べてみてください。)
 
亥と巳は正反対の組み合わせで「対冲」とよばれます。
「対冲」は急激にぶつかる、離れる、壊れるなど凶とされていますが、
思い切った変化が起こりやすいと捉えるといいのかなと思います。
 
中でも引っ越しやオフィスの移動、転職、旅行など必要な変化はよいと思います。
粘着質であきらめの悪い傾向が強い巳の人たちにとっては、
これを機にすでに発展性のなくなってしまったものを手放したり、
“脱皮する”のにとても良いチャンスだとおもいます。
でも、スピード運転やリスクあるスポーツはなるべく避けた方が良いかも。
 
 
自分の本命星がわからない場合はコチラへ。
 
では、各星の今年の運気はコチラからどうぞ☆

2019年について

2019年は、己亥(つちのとい)・八白土星(はっぱくどせい)の年です。
立春(節分)が一年の始まりで、今年は2月4日12:14が節入りとなります。
 
【どんな年になりそう?】
さまざまなシーンで変化のある年になりそうです。
 
今年は上が下よりも強い年なので、
内部での上下関係が難しくなりそうです。
 
逆に、横のつながりは結構良好です。
家族や家庭、大事な友だちや仲間のつながりなど、
自分の居場所をぜひ大切にしてください。
 
変化が多いときは、
環境や周囲の人からの影響を受けやすいので、
心のよりどころや大切なもの、
また自分の強みなどが支えになります。
 
自分の核は何か、どんなことなら自分の核としてやっていけるのかを
見つめ直す良い時期になると思います。
 
今年は5月の改元天皇退位と新天皇の即位)や10月の消費税増税など、
さまざまな影響を広く与えるような社会的決定事項があります。
星回りからみても時代の変わり目となる節目の年といえます。
 
今の環境は合っていますか?
押さえつけられるところではなく、
評価されるところを探してみてください。
すぐにはみつからないかもしれませんが、
今年はチャンスが突然やってくる感じです。
いざ、“コレだ!!” とやってきた時に、
しっかりつかめるように意識しているだけでも全然違うと思います。
 
デマや詐欺行為もますます増えそうです。
そのために本質や本物を見抜けるように、
情報収集をしたり信頼できる人がいると安心ですね。
 
【2019年の干支と本命星】
己(つちのと)は、「陰土」で「田園・平地・農地で五穀豊穣」を意味します。
糸がかたまった様を表す象形文字で、
糸のもつれを伸ばし”紀律を正す”「紀」を表すそうです。
また「己」は「おのれ」を意味しますので、「己を正す」気持ちや
伝統・紀律を重んじることが幸運を運んでくれそうです。
 
亥は、陰水で11月、冬のはじまりです。
「閡・核(とざす)」を意味し、
植物の生命力が固い種になって内部に閉じ込もり、
今にも起爆しそうな状態を表します。
 
それらを組合せた己亥(つちのとい)は、
天干の己(つちのと)である大地の下に、
地支の亥の激しい水の流れがあるようなイメージで、
地面が水や泥で柔らかくなって、足元が不安定な状態です。
土と水は土剋水で上のもの(天干)が下のもの(地支)を剋する組合せとなります。
 
己(つちのと)は、リラックスした快適な雰囲気をもっています。
母性的で何もかも受け入れる清濁併せ持つ性質です。
それが亥と組合せた己亥(つちのとい)になることで、
良くも悪くもはっきりしない、決め手に欠けるゆるい雰囲気が
主に組織や集団の中で強くなりそうです。
また一方で、亥の非常に強い直進的なエネルギーが働くと、
思った以上の個人的成果や活躍につながりそうです。
 
八白土星の象意は「山」、方位は、「北東」です。
「北東」は「艮・丑寅(ごん・うしとら)」の方位となり、
「静止、停止」の象意を持ちます。
陰から陽に変化するときであり、
「終わりであり、始まりでもある」境目になるところです。
季節は1月から2月。
その他象意は、
「変化、継承、貯める、改革、身内(親戚・知人・同業者・家族)」です。
 
【過去のふりかえり】
前回の己亥の1959年をみてみますと、
・前年から始まった岩戸景気中。高度経済成長の時代。
今上天皇と正田美智子さんが御成婚。
・安保や労働問題、公害訴訟、デモも多かった。
伊勢湾台風により死者5,041人、被害家屋57万戸という明治以後最大の台風被害。
小澤征爾氏が世界的なブザンソン国際指揮者コンクールで初優勝。
ミス・ユニバース世界大会で児島明子さんが優勝。
 
亥年は過去に自然災害や記憶に残るような出来事がありました。
・1923年 関東大震災
・1983年 日本海中部地震、三宅島噴火、東京ディズニーランド開園、ファミコン発売
・2007年新潟県中越沖地震、猛暑、サブプライム問題からリーマンショックへ、初代iPhone発売
 
こうしてみると、不穏と不安定さ、混沌とした年になりそうですね…。
ただ横のつながりや個人の持つ突発的なパワーが炸裂している印象です。
 
【経済など】
株式相場に関する格言で、「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、
亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走り、卯跳ねる」といわれているそうです。
「亥固まる」とは、相場が小幅な値動きにとどまることを意味し、
世界経済はピークアウトから収縮に向かう可能性があるともいえそうです。
 
また、今年から3年間冬の水気グループ「亥・子・丑」に突入し、
経済を活性化する楽観主義の火の五行がなくなり、しばらく停滞、減速しそうです。
水は万物の命の源であり、「智」を意味します。
冬は冷えて固まる時期で、次の春に向けてエネルギーを溜め込んでいきます。
全体的には、“貯め込む=経済が鈍る”ですが、個々人は意識的に蓄えていきたい時期ですね。
この「智」の時間が問題を解決していく力になればいいと思ってます。
 
そんな亥年に業績が良さそうな産業は、木と土の五行に関連するものです。
木は、環境、ファッション、メディア、本、教育、植物・花で、
土は、不動産、保険、ハイテクなどです。
 
【開運ポイント】
自分のもつ強みや特徴など、
自分の判断や直感が信じられるように、
遮るものを取り除くことで次が見えてくる年となるでしょう。
いつか将来役に立つかもとか、使えるかもと思いつつ溜めているものや
使っていないものを処分してすっきしすることが良い運気にのるポイントです。
 
例えば、
・家電やメディアを新しくする(効率が良くなるものに変える)
・買い物や家事・炊事などの見直し(負担になってることを減らせないか見直す)
・使っていないクレジットカードやポイントカードの解約
・使ってないアプリやソフトの削除
・紙袋や包装紙、空箱などの処分
・ケータイや保険などの契約内容の見直し
・アドレス(大事な人を大事にする)
 
【おまけ;巳のみなさまへ】
亥年に最も大きな影響を受けそうなのは、
生まれた年・月・日・時間に「巳」を持っている人です。
(気になる人はぜひ調べてみてください。)
 
亥と巳は正反対の組み合わせで「対冲」とよばれます。
「対冲」は急激にぶつかる、離れる、壊れるなど凶とされていますが、
思い切った変化が起こりやすいと捉えるといいのかなと思います。
 
中でも引っ越しやオフィスの移動、転職、旅行など必要な変化はよいと思います。
粘着質であきらめの悪い傾向が強い巳の人たちにとっては、
これを機にすでに発展性のなくなってしまったものを手放したり、
“脱皮する”のにとても良いチャンスだとおもいます。
でも、スピード運転やリスクあるスポーツはなるべく避けた方が良いかも。
 
 
自分の本命星がわからない場合はコチラへ。
 
では、各星の今年の運気はコチラからどうぞ☆

2019 一白水星

『楽しさを味わう』
 
キーワード;楽しい時間、友人、余裕
 
プライベートが充実する年です。
プレッシャーから少し開放されて、息抜きができるようになります。
周囲からのお誘いが増えたり、またそこから新しく出会いが広がりそうです。
食事はデザートまでゆっくり楽しむ余裕が大切です。
これからもおつきあいが続くような良い出会いがありそうなので、
いつもよりフットワークを軽く、なるべく外へ出て行動範囲を広げてみてはどうでしょう。
 
一方で、気が緩みやすくなる時でもあります。
小さいミスが重なったり、親しき仲にも礼儀ありで言い過ぎや説明不足になりがちですので、
いつもより意識的に注意してみてください。
 
一白水星の人は、柔和で人あたりも良く穏やかです。
ただこうと決めたら譲らない頑固も持っているので、
今年は楽しく没頭できるものに集中してみてください。
何をしたいかを優先する方が結果が出やすいでしょう。
小さな成功に感謝することで良い循環が生まれるでしょう。
 
 
金 運;自分への投資や交際費は必要経費。過度の遊興費には注意です。
恋愛運;嬉しい出会いのチャンス。
健康運;冷え、風邪、泌尿器、口内炎、歯、呼吸器、胃もたれに注意。
仕事運;ライフワークバランスがうまくいきそう。
 
 
吉方位;
・南,北
 
凶方位;引越や海外旅行、長期旅行など避けたい方角
・南西(五黄殺)
・北東(暗剣殺
・南東(歳破)
・西(本命殺)
・東(的殺)

2019 二黒土星

『予測不能な変化』
 
キーワード;変化、前向きなキモチ、準備
 
良くも悪くも変化が多く、予想外のできごとが起こりやすい年です。
環境や人間関係の変化に加え、自らも内心別の道を模索したり
自分を刺激してくれる変化を求めがちでしょう。
 
今年は暗剣殺がつきます。
予期せぬトラブルに合いやすいので、
変化に対して準備をしておくことが大事になりそうです。
きちんと計画を立てていてもアクシデントが多発したり、
なかなかおもうようにいかないことがありそうなので、
いくつかパターンがある方が安心です。
 
二黒土星の人は、粘り強く持続力があります。
他人と協調することで素晴らしい結果をだす力をもっていますが、
今年は足をひっぱるような人や一緒にいるのが苦痛な人とは離れる選択をするチャンスです。
断る勇気や変化を受け入れる能力が身につく年になるでしょう。
 
迷いやすい一年ですので、
大きな決断は避けて既存の充実に力を注ぐほうが無難でしょう。
勢いまかせや場当たりは厳禁です。
 
 
金 運;質素倹約が吉。衝動買い、不動産関係の話に注意。
恋愛運;グループ交際から発展がありそうです。
健康運;血行不良、肩こり、転倒、骨折、鼻炎、発疹などに注意。
仕事運;周囲の環境が大きく変化しそう。
 
吉方位;
・北西・東
 
凶方位;引越や海外旅行、長期旅行など避けたい方角
・南西(五黄殺・的殺)
・北東(暗剣殺・本命殺)
・南東(歳破)

2019 三碧木星

『判断&実行』
 
キーワード;出会いと別れ、決断
 
パワーの充実を感じられる強運の年です。
ものごとがはっきりわかれていく、またははっきりさせたくなりそうです。
これまでの実績や知識が認められ実力が発揮できる一方、
未解決の問題が表面化したりと吉凶ともに決断が求められそうです。
 
中でも人との出会いと別れがありそうです。
新しい交流がはじまったり、親しい友人やお仕事関係の人との突然の別れがありそうです。
ここでしっかり膿を出し切ってすっきりするチャンスです。
これは次へ進むために必要なことなので、
曖昧にしないで相手の出方をきちんと考えて、柔軟な対応とりてましょう。
勇気をもって自分の中でしっかり結論や解決策を出すことで、
周囲からの評価が上がるでしょう。
 
三碧木星の人は、非常に行動力があり直感力が長けています。
失敗してもあまり執着することはなく、方向転換が鮮やかです。
慎重に考え、思い切って実行することができれば、
今年は元来持っている資質がさらに発揮される一年になるでしょう。
 
頑張ることで孤立無援になることもありますが、
それは決して悪いことではありません。
時には失敗もあるものの強く前進していける運勢となっています。
 
 
金 運;収入も支出も増えそうです。高額な買い物は慎重に。
恋愛運;良縁が得られ、悪縁を断ち切るチャンス。内面重視が吉。
健康運;高血圧、眼精疲労、頭痛、吐き気、不眠症、発熱に注意。
仕事運;企画やアイデアが冴えます。転職は慎重に。
 
吉方位;
・西・北西
 
凶方位;引越や海外旅行、長期旅行など避けたい方角
・南西(五黄殺)
・北東(暗剣殺
・南東(歳破)
・南(本命殺)
・北(的殺)

2019 四緑木星

『守り』
 
 キーワード;現状維持、情報収集、切り替え
 
今年は情報収集や知識を深める学問、資格取得や習い事などに最適の年です。
 
何事も守りや現状維持に徹すると良い年で、
あたらしい事を始めたり、急な転職や引っ越しなどは
あまり良い結果となりにくい時期です。
焦らず機が熟すのを待つのが吉。
 
四緑木星の人は、社交的で優しく、きめ細やかな気配りで周囲との協調を第一に考えます。
人と組むことで自分を生かす力があり、能力が発揮されます。
今年は思う通りの成果につながりにくいので、感情のコントロールが必要です。
感情的になって人間関係のトラブルにつながることがないように、
自分を追いつめず、明るくリラックスできることを意識的に取り入れるのをオススメします。
 
今年は停滞運なので、物事の動きが鈍くなりがちです。
うまくそれを受け入れて、焦らずじっくりゆっくりお願いします。
 
 
金 運;将来に向けた蓄財の時。
恋愛運;身近な人の中でご縁がありそう。
健康運;冷え、消化不良、腎臓、気管支炎、風邪、下痢に注意。
仕事運;現状を充実や基礎固めが吉。
 
 
吉方位;
・西・北西
 
凶方位;引越や海外旅行、長期旅行など避けたい方角
・南西(五黄殺)
・北東(暗剣殺
・南東(歳破)
・北(本命殺)
・南(的殺)

2019 五黄土星

『手堅く確実にこなす』
 
キーワード;サポート、リラックス、基本
 
停滞していた運気が少しづつ動き出し、次のステップへの準備にかかる年です。
上向きの運気ですが、はっきりした成果は表に出にくいかもしれません。
手堅く目の前のやるべきことを着々とこなすことが大事です。
 
今年は変化も多く、古い問題がむしかえされたり、
雑事に追われるなど組織内での動きも難しいことが起こりやすいので、
自分が表に立って活躍していくというよりも、縁の下の力持ち的なポジションで
人のために力を尽くすことがより良い運気に乗るポイントとなりそうです。
 
五黄土星の人は、目標の実現のためには努力を惜しまない強い信念をもっています。
人情に厚く、愛情深さによって周囲からの信頼を得られますので、
今年は自分のことは長期的目線でゆっくり落ち着いて考えるくらいがちょうど良さそうです。
 
また何かトラブルに見舞われたとしても、問題の要因を探し出すことに意識を向けてください。
基本から見つめ直すことで、問題の原因がどこにあるのかを見つけられ、
今後役に立つことがありそうです。
自分へのご褒美を忘れずに。
 
 
金 運;無駄を省き、質素倹約が吉。貸し借り厳禁。
恋愛運;誠実で落ち着いたおつきあいが結婚運アップに。
健康運;血行不順、動脈硬化、胃拡張、胃腸・腹部に注意。
仕事運;サポート役をやることで信頼を援助が得られそう。
 
吉方位;
・東,北西
 
凶方位;引越や海外旅行、長期旅行など避けたい方角
・南西(五黄殺)
・北東(暗剣殺
・南東(歳破)

2019 六白金星

『実行に移す』
 
キーワード;行動、軽快、謙虚
 
今後に向けて明るく進む始まりの年になりそうです。
多忙な年になりそうですが、今年は運気が味方してくれるので、
思っていたよりも早く、またはうまくいくことが増えるでしょう。
 
逆にいうと、積極的になりすぎて暴走しがちともいえます。
おごりや自信過剰でつまづいたりしないように、
八分くらいのほどほどさを意識するのが良さそうです。
 
六白金星の人は、賢くて物事の本質を見抜く力を持っています。
統率力があり、リーダーとしての資質も持っているので、
今までよりも周囲をみて気にかかる範囲が広くなりそうです。
ただあまり手を広げすぎると、今までなら気がついた
細かなところが気が付かなくなるので注意です。
 
 
金 運;衝動買いに注意。
恋愛運;ご縁がある人とはより深く、そうでない人とは疎遠になりそう。
健康運;むくみ、関節痛、喉、肩、肝、血圧に注意。
仕事運;大きく発展できる年。協調性を大切に。
 
吉方位;
・なし
*今年は遠出(500km以上)はなるべく避けた方が良いかもしれません。
 
凶方位;引越や海外旅行、長期旅行など避けたい方角
・南西(五黄殺)
・北東(暗剣殺
・南東(歳破)
・東(本命殺)
・西(的殺)